病院

シミ取りするなら皮膚科がベスト|知識と経験が違う

合わない靴の着用

レディ

東京でも巻き爪に悩む人は多いですが、その原因は合わない靴の着用、スポーツの影響、爪の切りすぎなど実に様々です。悪化した場合は治療も必要となりますが、症状によって合う治療方法は違いますので、まずは皮膚科や外科で相談してみましょう。

まずは住んでいる区内で

病院

京都市内には病院や開業医のクリニックが沢山ありますが、皮膚科を探したいのであれば、まずは住んでいる区内で見つけるのがいいでしょう。後々、通院が便利になるというメリットがあるためで、近くであれば時間短縮にもなります。

シミに困っている場合

婦人

レーザー治療で解決

シミが出来てしまった時、もう老化してしまったからと諦めるのは良くありません。シミ取りを皮膚科でしてもらえるので、近くの皮膚科に問い合わせてみると良いでしょう。シミにも色々と種類があり、日焼けによるものや老人性の肝斑など、タイプが異なるシミでも今の皮膚科の機械ではシミ取りをする事が出来ます。シミ取りレーザーを使用する際には、皮膚科の先生とよくカウンセリングを行いましょう。どの部分のシミが気になるのかを話したり、先生が実際にどの程度シミがあるのかをメイクしていない状態の顔で確認する事もあります。そしてシミのレベルやどんなタイプのシミなのかを判断したらシミ取りレーザーの施術を開始します。多くの方が心配しているのがレーザーをあてた時に痛みが生じないか、という事です。現在の最新の機種では痛みを生じにくくしていたり、レーザーの照射の時間が短くてもシミに効果が出るような機械を使っている所もあります。痛みが出るかどうかはシミ取りの機械を扱っている皮膚科の機械にもよるので、カウンセリング時に痛みについて不安な場合には相談をしておくと良いでしょう。不安な場合には部分的な麻酔をかけてくれたりもします。またシミ取りレーザーの施術を受けた後は施術した箇所にテープをしばらくの間貼っておく必要があるという皮膚科もあります。なので、シミ取りレーザーをする前にテープ使用の有無についても確認しておきましょう。これがいわゆるダウンタイムというもので、テープが取れればいつも通りに過ごす事が出来ます。

肌荒れをしてしまった時

レディ

顔に白ニキビが出来てしまった場合には東京の皮膚科や美容皮膚科で治療を受けると良いでしょう。アクネプッシャーやケミカルピーリングという施術方法を使って、白ニキビを退治してくれます。特にケミカルピーリングは出来てしまったニキビだけでなく、これから出て来そうなニキビにも効果があると言われています。